冬の着物レンタル、寒さ対策教えます

これで寒さ対策はバッチリ。
用意するもの・・・ヒートテック、レギンス、スパッツ
レンタルできます・・・ストール、羽織、ファー

冬は着物の重ね着が楽しい季節。お正月など着物でおでかけしたいシーンも多いですよね。

でも、冬に着物は寒いのでは?と思っていませんか。特に京都の冬は寒い!なんて聞くと心配になりますよね。

大丈夫です。ちょっとした工夫で冬のおでかけも暖かく快適に過ごすことができます。

今日は、着物で出かけるときの防寒対策をご紹介します。暖かくして、京都や浅草の街を着物で歩きましょう。

インナー

上半身には、冬用機能性インナーシャツ(ヒートテックなど)

寒さ対策に、ヒートテックなど冬用機能性インナーシャツを中に着ることをおすすめします。

その際、インナーシャツは首元が詰まっていない襟ぐりの開いたものにしましょう。首元が詰まっていると、インナーがみえてしまいます。

前側はもちろん、後ろ側の開き方にも注意してください。着物は後ろ襟をやや抜いて着るため、首の後ろ側が詰まった形だと頭を下げた時にインナーがチラ見えしてしまうことがあります。

下半身には、レギンスやスパッツ

裾から冷気が入り込むため、下半身もインナーを身につけましょう。レギンスやスパッツなど足先が出るタイプのものを用意してください。タイツは足首がみえてしまいますよ。

足元には、フリース足袋

着物に合わせる草履(ぞうり)は靴のように足をカバーしてくれないので、どうしても足先が冷えます。

そんな時には「フリース足袋」がおすすめです。フリース足袋は足袋の上から重ねて履くフリース素材の足袋です。はくだけで足元が暖かくなりますよ。

「京都着物レンタル 京越」では、店頭でフリース足袋(税抜き500円)を販売しています。お家に帰った後も、ルームソックスとしても利用できます。ぜひお買い求めください。

フリース足袋
ワンコインで販売中!あったかフリース足袋

レンタルできます!ストール、羽織、ファー

洋服でジャケットやコートを着るように、着物にも様々なアウターがあります。

「京都着物レンタル 京越」では、冬の寒さ対策に役立つ「ストール」「羽織」「ファー」を貸し出しております(税抜き500円)。

寒さ対策に役立つだけでなく、着物の重ね着を楽しむことができます。

ストール

ストール
ストール

ストールをアクセントにしたコーディネートです。広げて肩から羽織れば、エレガントな雰囲気になります。

「京都着物レンタル京越」では、さまざまな色のストールを用意していますので、着物や帯とのコーディネートをお楽しみいただけます。

男性にもおすすめです。

羽織

着物と羽織
羽織

羽織は洋服で言うところのカーディガンやジャケットのようなものになります。

着物ならではの重ね着を楽しむことができますよ。

洋服だと柄と柄を組み合わせるのは難しいですが、着物だと案外しっくりときます。

さまざま色や柄の羽織を用意していますので、コーディネートをお楽しみください。

男性羽織
羽織

男性は羽織も着物レンタルプランのセット内容に含まれています。

羽織のない「着流し」スタイルに比べて、羽織があるときちんとした印象になります。

羽織スタイルで粋に決めて、京都や浅草の街を歩きましょう。

ファー

ファー
ファー

ファーも貸し出しております。首回りや肩が暖かいと全然違いますよ。

寒さ対策になるだけでなく、一気に華やかな雰囲気になります。

カイロ

カイロは暖かいですが、腰回りやお腹にカイロを貼ると低温やけどの恐れがあります。

また着物を着ていると、貼る位置によっては簡単にはがすことができないので注意してください。

貼らないタイプのカイロを用意して、手などを暖めるといいですよ。

 

しっかり防寒対策をして、冬も着物を楽しみましょう♪