6月は着物?浴衣?どちらを着ればいいの?

6月にきものをレンタルして遊ぶ場合は、着物?浴衣?どっち?

6月にきものレンタルするなら、着物?浴衣?

こんにちは。京都着物レンタル京越です。

もうすぐ6月ですね。

本日のテーマは6月にきものをレンタルして遊ぶ場合、着物か浴衣のどちらを着ればいいのかについてです。

 

結論からいうと、好きな方を着ればいいです!

フォーマルな場では、装いのルールがあり、それに従う必要があります。

街着・遊び着の場合、特に決まりはありません。

6月は着物でも、浴衣でも好きな方をレンタルしましょう。

浴衣は7月・8月?

浴衣姿の女性2人

浴衣は現代では遊び着ですので、好きな時期に着ればよく、浴衣を着用する時期に明確な決まりはありません

とはいえ、浴衣は夏のきもの。冬に着るというのは、着ている本人も寒いですし、周りから見ても寒々しいですね…

浴衣を着用する人が最も多いのは、7月・8月です。

6月ごろから浴衣を着る人が現れはじめ、9月ごろまで着用されています

また、浴衣解禁日には地域性もあります。

東京浅草では、5月中旬の三社祭が浴衣の解禁日です。

6月初旬に開催される「とうかさん大祭(広島)」は「ゆかたの着始め祭り」とも言われています。

6月の気温は?

うちわを持つ浴衣姿の女性

何を着るかを決める上で重要なのが、気温。

京都の6月の気温はどのくらいなのでしょうか?

6月の平均気温は最高気温が28度、最低気温が19度です。2019年気象庁データより

*日によって気温は異なります。天気予報のチェックも忘れずに!

結構暑いですね…

暑がりの方や外をたくさん歩きたいという方は、6月は浴衣が涼しくていいかもしれません。

まとめ

6月にきものをレンタルして遊ぶ場合、着物か浴衣のどちらか好きな方を着ればいい。

 

レンタル店によって、扱っているきものの種類が異なります。

両方扱っているお店が多いですが、”6月は浴衣のみ”もしくは”浴衣は7月から”というところもあります。

事前にホームページや電話で確認しておきましょう。

京都着物レンタル京越では、6月は着物・浴衣の両方を扱っています

お好きな方を選んで、楽しんでくださいね。


≫浴衣レンタルプラン

≫レンタルプラン一覧

≫店舗一覧