menu button

帯締めの結び方|帯締めの種類などの基本情報から結び方まで解説 - 京都着物レンタルの京越(きょうえつ)

ブログ

帯締めの結び方|帯締めの種類などの基本情報から結び方まで解説

女性が着物を着る際に、小物の合わせ方により同じ着物・帯でも大きくイメージや雰囲気が変わります。
そのアイテムの1つとして、帯締めは色・柄・素材が多彩なため、コーディネートを楽しめる優秀小物です。
帯締めはコーディネートの小物としてだけでなく、帯を固定するための機能性にも優れているので、ぜひ着物を着る際には取り入れていただきたいアイテムです。
そこで今回は、帯締めの基本情報や種類、結び方について解説します。

帯締め(帯飾り)

帯締めとは

着物を着る上で、帯は重要なものです。帯が崩れたり緩んだりすると着崩れを起こしてしまい、着付けが台無しになってしまいます。帯締めとは、女性の着物の帯が崩れないように締めて固定するための紐のことで、帯を締めた後に帯の上から結ぶものです。帯を固定するだけではなく、帯締めにはデザイン的な要素もあり、帯や着物とのコーディネートにも重要な役割を果たします。そのため、多彩な色や柄、素材などが揃っています。

帯締めには、「丸ぐけ」と「組紐」の2種類があります。それぞれどのような特徴や違いがあるのか、以下で詳しく解説していきます。

丸ぐけ

丸ぐけは、円筒状の布の中に綿を詰め込んだ帯締めです。かつては帯締めの主流だったタイプで、喪服などの礼装に多く用いられていました。現在は礼装に限らず、カジュアルな着物とコーディネートすることも多いタイプです。

組紐

現在、帯締めの主流となっているのが組紐です。組紐は奈良時代に中国・朝鮮から日本に伝わったといわれます。鎌倉時代までは貴族や武家が使用していましたが、武士の兜や鎧などにも使われるようになると需要が拡大し、江戸時代には武家の中心である江戸で生産が盛んになりました。

廃刀令が出た明治時代以降、武士がいなくなり組紐の需要が激減しました。しかし芸者が組紐を着物に使うようになったり、茶事の着物に合わせたりするようになったことで組紐が広く使用されるようになりました。

組紐は、紐の形により3種類に分けられます。最も一般的なタイプが、きしめんのような平たい形状の「平組」です。「平打」と呼ばれることもある平組紐は幅が広いものほど格式が高く、第一礼装にも使用されます。平らな紐は厚みがあるので締めたときの安定感が高いため結びやすく、締めやすいのが特徴です。幅が狭いものなら、おしゃれ着にも使用できます。

2つ目の組紐の種類が、平組の次に格が高い「丸打ち」とも呼ばれる「丸組」です。円筒に組まれた丸い形状なので裏表がなく、シンプルなタイプでも可愛らしい印象があります。丸組はその形状から結んだ形を整えやすいため、着付け初心者でも結びやすいのが特徴です。飾りが多いタイプも揃っており、飾り付きの組紐は成人式の着物や未婚女性の礼装に、シンプルタイプは普段着によく使用されます。

3つ目の組紐の種類は、「角打ち」とも呼ばれる「角組」です。他の帯締めとは異なり紐が正方形の形状なので、着付け初心者には結びにくく扱いにくい特徴があります。3種類のうちで最も格式が低いため、紬などの普段着に用いられます。

帯締めの基本的な結び方

 帯締めを上手に結ぶには、まず基本の結び方「本結び」をマスターしましょう。

まず、帯締めを前に回して左右を同じ長さに揃え、自分から見て左が上にくるように交差させて一度結び、結び目を指で押さえます。上に出ている右側の帯締めを反対に返し、輪を作って指でもう一度押さえましょう。もう片方の帯締めを輪の下からくぐらせて結び、右指で輪にくぐらせた帯締めの根元を押さえながら左側を締めれば、本結びの完了です。

結び目が出っ張らないように上から軽く押さえて仕上げ、最後に正面から見て紐が1本に見えるように房を脇に挟み込みます。通常は房を上向きにしますが、お葬式の際は左右を下向きにしましょう。

この基本の帯締めの結び方をマスターすれば、さらに華やかな結び方もできるようになります。成人式の晴れ着の帯締めなら、今風のリボンのような結び方もおすすめです。平打または丸組の組紐で基本の結び方を行ってから、房を挟み込む前に両側の紐を斜め下から上向きに折り、胴締めにした帯締めの下から通します。輪っかを作って結び目の下で交差するように通せば、リボンスタイルができあがります。

帯留めと使う時の注意点

帯留めは、帯締めと一緒に使用される着物用の装飾品の一種です。帯留めを使う場合は、帯締めの締め方が少々変わります。まず、帯留めは背中に回した状態で、帯締めをすでにご紹介した手順で結びます。結んだ後は、結び目をまとめて後ろに回してお太鼓に隠れるように入れましょう。そして、帯留めを中央に持っていきます。

帯留めを使う場合の注意点は、必ず帯締めの結び目を後ろへ持っていき、見えないようにすることです。また、帯留めには幅約9mmの「三分紐」という細い帯締めを用いるのが一般的です。

三分紐は帯留めを通すために作られているため房がなく、短めという点が他の帯締めと異なります。

正しく帯締めを結んで着物を着こなそう

帯締めは、着物を着る際に帯を固定する役割だけではなく、コーディネートも左右する重要なアイテムです。帯締めの結び方をマスターすればアレンジも可能なので、正しく帯締めを結んで美しく着物を着こなしましょう。

京越でお選びいただける帯締め

京越(きょうえつ)では、様々な種類の帯締めをご用意しております。
女性のレンタルプランで一番人気のアンティーク着物プラン、二番人気のレース着物プランにはセット内容に帯締め(帯飾り)が含まれていますので、着物・帯・帯締めでお一人お一人様オリジナルのコーディネートをお楽しみいただけます。
その他のプランをご利用の場合も、オプションで帯締め(帯飾り)をお選びただけます。
SNSで人気のパールタイプの帯飾りもご用意しておりますので、ぜひ「わたし好み」のコーディネートをお探しくださいませ。

皆様からのご予約、スタッフ一同心よりお待ちしております。

Let's Share

一覧へ戻る

関連記事

ヘアセット 

ヘアセットを詳しく見る

店舗一覧

  • 京都着物レンタル 河原町店

    河原町店 〒600-8024 京都市下京区天満町456-25

    駅近でアクセス抜群!京都一の繫華街、四条河原町にあるお店

    阪急「京都河原町駅」より徒歩3分
    京阪「祇園四条駅」より徒歩5分
    高瀬川のほとり、鴨川へもすぐ

    河原町店について

  • 京都着物レンタル 嵐山店

    嵐山店 〒616-8384 京都市右京区嵯峨天龍寺造路町6-1

    有名観光スポットが近い!交通アクセスも◎

    キモノフォレスト目の前
    渡月橋まで徒歩4分
    嵐電「嵐山駅」すぐ
    JR「嵯峨嵐山駅」より徒歩7分

    嵐山店について

Page Top